森八

ブログ

【新聞】北國新聞(金花糖のお知らせ)


(画像をクリックすると拡大表示されます)

 
「北國新聞」2013年1月31日付の朝刊に、
森八の「金花糖」の記事が掲載されております。
  
以下本文です。
   
【にらみ鯛 春届ける】金沢 桃の節句へ金花糖づくり
30日の石川県内は雲の多い天気となり、日中の最高気温は金沢6.0度、輪島5.6度など、ほぼ平年並みだった。金沢市専光寺町にある老舗和菓子店「森八」の工場では、桃の節句に向け、伝統の飾り菓子「金花糖」づくりが本格化し、一足早く春の雰囲気が漂った。
金花糖は、溶かした砂糖を木枠に流し込んで固めた菓子で、ひな祭りや祝い事に用いる。工場では、職人が赤や黄色の水あめで華やかに色付けし、タイやエビ、果物、野菜をかたどった金花糖を次々と仕上げた。
店頭展示用に、加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)が好んだ形の金花糖「にらみ鯛」も作られた。製造は2月にピークを迎え、4月初旬まで販売される。
金沢地方気象台によると、31日の県内は移動性高気圧に覆われて晴れる見込み。

 
 
***********************
詳しくは、森八本店まで
電話・FAX・メール・お問い合わせフォームから
お問い合わせくださいませ。
 
森八本店 TEL:076-262-6251
***********************