森八

ブログ

【新聞】北國新聞(第24回JAPAN TENT)


こんにちわ。森八でございます。
 
8月22日、第24回JAPAN TENTにて
海外からの留学生の皆さんが、森八本店にいらっしゃった模様が
北國新聞夕刊に(8月22日)掲載されました。
 
以下本文です。
 
金沢市、野々市、内灘両町では、夏期大学「金沢職人大学校」が行われた。留学生は和菓子づくりなど18のプログラムを楽しみ、石川に息づく伝統文化に親しんだ。
金沢市大手町の老舗和菓子店「森八」では、留学生16人が「落雁」作りに挑戦した。
職人から指導を受けた留学生は紅葉や梅、小判などをかたどった木型に、へらや指を使って和三盆糖とうるち米をしっかりと押し込んだ。店内に設けられた「金沢菓子木型美術館」では、江戸時代に使われた木型など1千点以上の展示品を見学し、和菓子の歴史の一端にも触れた。
ケニア出身のグレス・ワンジョヒさん(24)(長崎大)は、「こんなに愛らしい形のお菓子を見るのは初めて。日本の他の和菓子も作ってみたくなった」と笑顔を見せた。
 
 

 
 
留学生の皆さん、またぜひお越しくださいね!
 
【JAPAN TENT】http://www.japantent.com/