森八

森八のお菓子

森八の上生菓子

四季折々に、色を競い、形を競い合う風雅な品々はまさに、和菓子の芸術品。当店では昔ながらの伝統的な生菓子から創意工夫をこらした新製品まで数多く取り揃えております。

各商品の詳細は下記の順番で記載しております。
名称
商品説明
(中餡/外餡/着色料など)

4月16日~4月29日の上生菓子

販売期間:4月16日~4月29日(予定)
※在庫が無くなり次第販売終了となりますので、各店舗へご確認ください。
※オンラインショップでは「山清水」「花菖蒲」「綿毛」「牡丹」の4種類での販売となります。

左より

  • 山清水(やましみず)

    初夏の山麓の随所に湧き出る清々しい湧き水。
    (黒こしあん/大納言/紅花黄色素・クチナシ青色素)

  • 濡れ燕(ぬれつばめ)

    春に飛来した燕が、五月雨の中をスイスイと飛び交う様子。
    (白こしあん/練切/クチナシ黄色素)

  • 花菖蒲(はなしょうぶ)

    初夏に咲く花であやめに似た花を咲かせるが別物。
    〜わが恋は 人とる沼の 花菖蒲〜
    泉鏡花
    (黒小倉あん/練切/紅花赤色素・紅花黄色素・クチナシ青色素)

  • 岩つつじ(いわつつじ)

    ~思い出づる ときわの山の 岩つつじ
    言はねばこそあれ 恋しきものを~
    「古今和歌集」より
    (白小倉あん/練切/紅花黄色素・クチナシ青色素・紅花赤色素)

  • 綿毛(わたげ)

    春の野に咲くタンポポの綿毛のような白い穂。
    (草小倉あん/黄味あん/クチナシ黄色素・紅花黄色素・クチナシ青色素)
    ※原材料に卵を含みます

  • 牡丹(ぼたん)

    ~垣根より 隣あやかる 牡丹かな~
    加賀千代女
    (黄味あん/練切/紅花赤色素・クチナシ黄色)
    ※原材料に卵を含みます